TOPICS

これからの暑い季節,熱中症にならないために!

夏は,空気中よりもアスファルト部分が熱を持つため,ベビーカーでのお出かけは要注意!真夏の晴れた屋外はママが感じるより, ベビーカーの中の方が3~5度くらい気温が高く,30度を超える日は,ベビーカーの中は体温と同じくらいの気温になっていることもあります。 ベビーカーだけでなく,小さい背丈のお子さんは,地面からの照り返しにより,高い温度にさらされます。
また,汗腺などが未熟で体温調節機能が十分でなく,熱中症になりやすいです。 自分で水分補給をしたり,服を脱ぐなど難しく,また,暑いのを忘れて遊びに夢中になってしまうこともあるため, ちょっとの間だからと油断せず,一緒にいてあげる心配りと,お子さんの様子をよく観察することが大切です。

対 策

  • 衣服はぴったりしたものより,そでやえり,すそがゆったりして風通しのよいもの,汗を吸いやすい素材で,色合いは熱を吸収しにくい白色系を選びましょう。帽子や着替えも忘れずに。
  • 遊びの最中は,休憩や水分補給をこまめに行いましょう。水筒も忘れずに。
  • 日頃から,栄養バランスのとれた食事で暑さに負けない体づくりを実践しましょう。
  • 動けない,歩けない,水を飲めない,ぐったりしている,意識がない,反応がおかしい,けいれんがある等の場合は,ためらわずに119番を!

~ひと涼みしよう~

京都市は,環境省と共に「熱中症予防声かけプロジェクト」に参加しています。
  • 温度に気を配ろう
  • 飲み物を持ち歩こう
  • 休息をとろう
  • 栄養をとろう
  • 声をかけ合おう
下京子育て応援マスコット「ベビーしもんちゃん」

下京子育て応援マスコット
「ベビーしもんちゃん」